おねしょのしくみと医療機関への相談

おねしょの改善のきっかけ

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
治らないからと悩んだり、家族みんなが寝不足で疲れてしまう前に、おねしょを診てくれる医療機関に相談に出かけましょう。
おねしょの改善のきっかけメイン画像

おねしょのしくみと医療機関への相談

おねしょは小さい子供が昼間のおむつが外れても、夜間には失敗してしまうことで、放っておけば年齢とともに卒業するものとされていました。

しかし、現在では5歳までの夜間のおしっこの失敗をおねしょと言い、その後の失敗に関しては「夜尿症」と呼んで、医療機関の治療が必要なケースもあるという考え方が主流になっています。

幼稚園や小学校では夏休みなどを利用して宿泊行事が始まり、子どもも失敗しているのが自分だけという風にプレッシャーを感じるようになります。

親も当然心配しますから、5歳を境目にしておねしょを治療でなおそうということで、医療機関を訪ねる親子が増えるといいます。

おねしょは昼間のトイレの習慣とは少しシステムが違います。

小さいうちは成長期間の途中ですから、排泄に関する身体の機能も成長段階にあります。

夜の間睡眠中に作られる尿の量を減らして調節するホルモンの分泌量や、作った尿を貯めておく膀胱の大きさが十分でなかったりという時期があります。

貯める容量が少ない膀胱に対して、貯めきれないほどの尿を作ってしまうと、あふれてしまいます。

おねしょをさせないように夜間家族で目覚ましをかけて、起こしてトイレに連れて行ったり、夜は水分を取らせないようにしたりと、さまざまなアプローチを家庭でも行うものの、どうしても治すことができなくて、家族みんなが寝不足で疲労して、それから医療機関を訪ねるということも少なくありません。

悩んでいるよりも早めに医療機関に相談して、医療の面からのアプローチをし、早めに家族にも子ども本人にも負担がかからない方法を探していきたいものです。

Copyright www.ovmc-online.com .